高級ベビーシッターについて

  • ベビーシッターの役割、必要なスキルとは?

    • 赤ちゃんや幼い子どもが生きていくためには大人の支えが必要です。
      食事や排せつ動作、あるいは自分の安全を確保する事すらも出来ない幼い子にとっては、一人になる時間を作ることは実質的に不可能であると言えるのです。日本においても女性の社会進出がますます進んでいます。


      働く女性にとって保育所は必要不可欠な存在ではありますが、預けられる時間や条件は決まっています。



      その為に個別の細やかなニーズに対してはベビーシッターを利用する人も増えているのです。


      ベビーシッターとは、親が不在になってしまう時間帯に親の代わりに子どもの世話を行う役割を担う仕事です。
      そのサービス内容は柔軟性があり、個別のニーズに対して子どもの保育や家事代行までこなす場合もあります。

      YOMIURI ONLINEの最新情報を紹介しています。

      体調が悪くなった場合で保育所には預けられない場合でも契約によってはその間の世話を依頼することも出来ます。



      日本においては、ベビーシッターの国家資格がありません。

      その為に保育士などとは異なり誰しもがその仕事に就くことは可能です。しかしながら、子どもの世話を行うことは簡単な事ではありません。
      体調の変化も激しく、目が離せない子どもの世話は命に関わる大きな責任があります。

      責任の思いこの仕事は専門知識や技術、職業倫理も持ち合わせていないといけないのです。


      倫理観が必要になる理由としては、親が不在の際に自宅の中に入り込んで子どもの世話を行うこととも関係します。


      プライベート空間の中で子どもの世話を任せると言うことは、依頼主との間に確たる信頼関係がなければ成り立ちません。

      会社から派遣されているサービスを利用するにしても、企業倫理だけでなくその個人に対する信頼度が一番求められるのです。

      民間資格として「認定ベビーシッター」という資格があります。
      この資格を取得する事でベビーシッターに必要な一定レベルの知識や技術、倫理観を持ち合わせている証明にもなります。